トップページ > 小倉店 > 小倉井筒屋ブログ > IZUTSUYA DESIGN JUKU 第27回講座 骨格スタイル分析セミナー

小倉井筒屋ブログ Web担当者が見つけたお得な情報やイベント情報のほか、小倉店の魅力を再発見できる企画取材やレポートなどを発信します

公開日:2018.5.15

骨格スタイル分析セミナー
似合うファッションで毎日をHAPPYに

体型で服を選んで失敗した経験はありませんか?
「好きな服が似合わない」「着太りしやすい」「コーディネートが苦手」など、ファッションへの悩みは尽きません。

そんな悩みを改善へ導く「骨格スタイル分析(骨格診断)」という新しいファッション理論が、今、注目を浴びています。
今回のデザインジュクでは、初心者でもわかりやすいよう、3つの骨格パターンに分ける分析方法をプロの骨格アドバイザーからレクチャーしていただきました。

本来は「骨格」に加えて「筋肉の質」「脂肪のつき方」など、実際に触れて体の特徴を確かめながら一人一人に合ったアドバイスをするのが骨格診断の醍醐味です。

講師のご紹介

 

サロン ド フジコ  原冨士子さん

【Profile】
北九州市戸畑区出身。ビューティセラピスト。骨格スタイル協会 骨格スタイルアドバイザー2級。リンパセラピー、腸セラピー、小林照子印象分析メイク、静脈マッサージ、ウォーキング他、意欲的に技術・資格を習得。現在は、小倉北区中島にサロンを構え、サロンワークと講習会で癒しと元気を与える日々。FM KITAQ フジコのビューティフルライフ出演中。
ホームページ http://www.esthe-fujiko.jp/

 


自分のボディラインの特徴は?
骨格パターンを知って「ファッションを選ぶ眼」を養おう!

骨格スタイル分析は、「似合う服を知る」ことから始まり、「服を自分に似合わせるテクニックを学ぶ」ことへと繋げます。
ファッションは外見を演出する大切なアイテム。体型をより美しく見せるテクニックを、骨格診断で手に入れましょう。

「骨格パターンは、筋肉・脂肪・関節の特徴やボディの質感によって大きく3つに分けられます」と、先生のにこやかな笑顔で講座がスタート。
まずは胸板の厚みで自分のボディタイプをチェックします。

ストレートタイプ:胸板に厚みがあり、バストトップが高めのタイプ。
ウェーブタイプ:胸板に厚みがなくデコルテが平面的で、バストトップが低めのタイプ。
ナチュラルタイプ:胸板の厚みよりも、肩のラインや鎖骨などの骨が目立つタイプ。

参考となるファッションを見てみましょう。
左がストレートタイプ、真ん中がウェーブ、右がナチュラルのお手本コーデです。
講座では、さらに7つ加えたチェック項目で、各自のボディラインの特徴を探りました。

体つきは誰一人として同じ形がないので、普段はじっくり時間をかけ、様々な要素を組み合わせながらスタイルを診断するそうです。
今回は骨格スタイル診断の入り口として、分かりやすいパターンで説明してくださいました。

point 1
ストレートタイプのファッションポイントは
「シンプル」と「ベーシック」

ストレートタイプのあなた。ファッションは直線的なスタイルがよく似合います。
上品な定番アイテムで、洗練された女性らしさを演出しましょう。

ストレートタイプのファッションポイントは、全体的にIラインシルエットを作ることです。
胸元や腰回りをすっきり見せて、シャープな上品さを醸し出します。

スカーフを使う時は少し高めの位置でマークして、Iラインを。
「ストレートタイプのおしゃれは引き算で考えます」。胸元にボリュームを出さないようにスカーフを細めに長く垂らし、アクセサリーを選ぶときも華奢なデザインを選ぶなど、Iラインを際立たせるだけで十分にセンスの良さがアピールできます。

素材の質や柄も、体格によって似合うものが変わります。
ストライプを例に、タイプごとに似合う柄の変化を見てみましょう。
ストレートタイプはストライプやアーガイルのような直線的な柄が合いますが、中でも細めでくっきりしたラインがおすすめです。
クラシカルで上品なラインが、このタイプには似合います。

「バッグはスクエアタイプがベスト。素材としては本来は本革やハリのある上質なものがこのタイプにはぴったりです」と先生。
なるほど、合わせてみると清潔感があってすっきりとした美しさ。
バッグとアクセサリーを変えるだけで、このままちょっとした式にも出席できそう。着まわしコーデの基本形として抑えておきたいコーディネートです。


ウェーブタイプのファッションポイントは
「ソフト」と「ボディコンシャス」

ウェーブタイプのあなたは、曲線的でエレガントな服がぴったりです。
ふんわりとした素材を用いて柔らかな曲線を描きましょう。

袖や裾がふんわりと広がるようなアイテムが似合うウェーブタイプは、腰の位置でXラインを作ることを忘れずに。
ウエストマークして腰回りのボリュームをカバーしつつ、女性らしいラインを描くのがポイントです。

スカーフを上手に合わせるコツは、たっぷりのギャザーやタックを取って立体的に使うこと。
ウェーブタイプのキーワードは「華やかさ」。
アクセサリーやリボン結びができるベルトなど、アクセントとなるものを上手に重ね合わせて、流行のサッシュベルトやハイウエストのフィッシュテールスカート、袖の大きいブラウスもお似合いになります。

ふんわりとしたラインがぴったりのウェーブタイプ。
ストライプをあしらう時には、ラインの強さがスタイルを邪魔しすぎないよう、薄めの色に抑えると調和が取れます。
直線柄は強さが出やすいので、色で中和するのがコーディネートのポイントです。

バッグを持つなら、コロンと丸く小ぶりのものを。丸みを帯びたトーンが可愛らしさを引き立てます。
ウェーブタイプの骨格は肩が薄く体が平面的なので、首回りを飾ることを意識しましょう。揺れるイヤリングや花モチーフのネックレスなどを足すと、よりフェミニンな雰囲気になります。


ナチュラルタイプのファッションポイントは
「ラフ」そして「カジュアル」

無造作な遊び感がある服をさらりと着こなせるのがナチュラルタイプ。
ボリューミーなアイテムを重ねたスタイルからは、リッチな女性らしさが漂います。

前の2タイプとは大きく異なるのが、シルエットの作り方です。
全体的に長さをプラスして重心を下げ、全体のラインをゆるめに整えるのがコツ。
露出を控えつつ、首元や袖など、どこかにボリュームを作って豊かな厚みを出すのがポイントです。

スカーフはアクセントをつけずに垂らして長さを出すか、ふっくらと首回りに巻いてみて。
ナチュラルタイプのキーワードは「足し算」。
重ね着をしたり、袖をまくったりしてボリュームを出しつつ、骨格をしっかりカバーしてあげます。

色柄も大ぶりで印象の強いアイテムを難なく着こなせるナチュラルタイプ。
ストライプはしっかり太さがあって、濃い色のものを合わせましょう。他のアイテムに負けることなく、個性を引き出すことができます。
ストライプひとつでも、骨格タイプに合わせた選び方が必要なんですね。

バッグも、存在感があるものをプラス。
今回合わせたボトムスは裾がフリンジのジーンズでした。天然素材など敢えてゴワゴワ、ザラザラとした見た目や手触りの素材を合わせるのが、このタイプのコーデテクニックです。

 


靴も骨格に合わせてチョイス!
3つのパターンにぴったりの靴をご紹介♪

ファッション全体のイメージをまとめてくれる大事なポイントは、やはり足元!
それぞれのタイプに合う靴も、しっかり教えていただきました。

ストレートタイプには、表革のポインテッドトゥ。
ウェーブタイプには、スエードやエナメルのラウンドトゥ。ヒールは低めでOK。ナチュラルタイプには、ハイカットのスニーカーやヒールが太いものなど存在感のある靴で。
自分の骨格タイプに合った靴を揃えておけば、ファッションとも調和します。
これで、いざ出かける時になって「似合う靴がない!」と焦ることもなくなりますね。

最後に、お手本コーデをもう一度おさらいしてみましょう。アイテム同士が調和して、それぞれの個性を引き立てていますね。
今回のコーデの提供ブランドをご紹介しますので、服の素材や質感などが気になる方は、ぜひショップを覗いてみてくださいね♪

■ストレートタイプ:TONAL(トーナル)(井筒屋小倉店新館2F)

■ウェーブタイプ・ナチュラルタイプ:Études(エチュード)(井筒屋小倉店新館2F)

講座の様子

「骨格で服を選ぶってどういうこと?」と、最初は少し疑問顔だった受講者の皆さんの目が、講座スタートと同時に真剣な目つきに変わりました。
「どのタイプでしたか?」との先生の問いかけに、「自分が思っていたタイプと違いました」と答える人も。骨格スタイル分析では、今まで見えなかった自分の本当の姿を見つけることができました。
あらかじめ配られた参考資料にメモを書き込み、お手本コーデをバッチリ写真に納めて、あっという間の1時間。最後の質問コーナーでは先生が一人一人に声をかけ、細かな質問に答えていただき、和やかに講座終了となりました。

受講者からの声

まとめ

井筒屋小倉店新館3階の「MIDORI PARK」で行われた第27回IZUTSUYA DESIGN JUKU。「骨格スタイル分析」という新しいファッション用語に、スタッフも全員興味津々でした。

今回の講師・原富士子先生は、自身のサロンでフェイシャルやボディエステ、腸セラピーなどを行って、女性の美を体の内と外から整えることをライフワークに掲げているビューティーセラピストです。
サロンで行う骨格診断では、服の選び方に加えて、アクセサリーの合わせ方や髪型まで細やかにアドバイスを受けられます。

講座が終わった後はスタッフ同士でも胸板の厚みを確認したり、筋肉の質を確かめ合ったりと、しばし盛り上がりました。
自分で自分の体を触ってもよく分からない…という時は、友達同士でチェックしあうと良いですよ。
ファッションセンスに自信のないweb担当は、「先生の個人指導を受けたい!」という熱い思いが今も冷めません…☆

「IZUTSUYA DESIGN JUKU」には、毎日の生活がより豊かにハッピーになる講座が今後も登場します。皆様もぜひご参加ください♪

※掲載されている内容は公開時点のものです。商品内容・価格等に変更がある場合がございます。

※掲載の販売価格は、消費税8%に基づく価格です。

※掲載商品は数に限りがある場合がございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。

カテゴリー:

Category

Floor

Search

Calendar

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Monthly Archive

Recent Entries