トップページ > 小倉店 > 小倉井筒屋ブログ > 【井筒屋ファッション通信 vol.78】注目したいコートをピックアップ

小倉井筒屋ブログ Web担当者が見つけたお得な情報やイベント情報のほか、小倉店の魅力を再発見できる企画取材やレポートなどを発信します

公開日:2018.11.18

【井筒屋ファッション通信 vol.78】注目したいコートをピックアップ

一日一日、着実に寒くなってきていますね。
12月も、もうすぐそこ。季節は秋から冬に移行しているようです。
井筒屋は全館で「コートコレクション」を開催しているので、
気になったコートをご紹介します(^_^)

【新館2階】
〈グラン ママ ドーター〉
シンプルでさりげなく。時には可愛らしく。
素材感、着やすさを追求した定番のアイテム、
そしてシーズン毎に提案される流行をとらえながらも
どこか懐かしさを感じる洋服が好評のブランドです。

「ビッグカラーワイドコート」50,760円
ウール100%!SUPER100´Sの原料を使用した上質なビーバー素材を使用。
しなやかで繊細なタッチ、微光沢感が特徴的です。
肩の落ちたゆったりとしたデザインでリラクシングに着用でき
裏地付きなのでニット素材をインナーに合わせやすいのも◎です。

カラーは上記のワインの他、キャメル、ネイビーの3色。
サイズは0(7~9号)、1(9~11号)


「ラウンドカラーミドルダウン」(ロング)62,640円
柔らかな印象のAラインシルエットと、
適度にボリュームのある襟が女性らしいダウンコート。
ワッシャー加工を施し独特の鈍い光沢感が特徴の素材を使用しています。
ドライなタッチに仕上げられ、シャリ感があり撥水機能を併せ持ち、
大き目のラウンドカラーとクルミボタンがかわいいデザインです。
詰物には河田フェザーのダウンを使用、フィルパワーは650で、
タウンユースで使いやすい保温性も魅力。


色はブラック、グレー、ネイビーの3色。
サイズは0.1.2(11~13号)
ショート丈のダウン(56,160円)もあります!

「クルーネックボアコート」(ロング)(34,560円)
非常に軽い着心地ながらも、保温性に優れたウール混素材のコート。
裏地にはポリエステル100%の着熱素材を使用しているので保温性も抜群。
裏地付きなのでニット類など厚手のインナーとも合わせやくなっています。

カラーはベージュ、チャコール、ブラックの3色。
サイズは0~2です
(ベージュのサイズ2のみ取り寄せになります)


【新館2階】
〈アデュートリステス〉
ノスタルジックなテイストをベースに、フレンチトラッドの優しい着こなしと、
こだわりのある素材感・デザインで大人のカジュアルを表現するブランドです。


「ビッグスリーブショートコート」(28,080円)
コーディネートのその他アイテムは
麻のブラウス(17,280円)、ニットパンツ(15,120円)、ブーツ(19,440円)

カラーはブルー、グレー、イエローの3色です。


こちらは「リバーシブルロングコート」85,320円
コーディネートのその他アイテムは
ブラウス(19,440円)、ニットスカート(28,080円) 

カラーはネイビー&グリーンもあります。
ストールの巻き方で雰囲気はすごく変わります◇


【新館5階】
〈プレミアムデニムストア〉
国産デニムをはじめ、バイヤーのセンスが光る、
厳選されたアイテムが揃うセレクトショップです。

「フレッドペリー・モッズコート」48,600円
2018-2019モデルはインナーダウンジャケットが付いていて 
インナーも別途使える3ウェイ!
またフード部分に脱着可能のリアルファーもついています。
SSサイズだと、女性にもピッタリです♪


〈ロンドン・トラディション〉「ダッフルコート」59,400円
チェックを配したダブルフェイス仕様の裏生地は、重厚感があり伝統を感じさせます

イギリスの東ロンドンに誕生したブランドが作ったダッフルは
英国の伝統的な製品にこだわり、良質なアイテムを世界へ届けています。
このダッフルコートはブラック、ネイビー、ブラックの3色展開です。

いかがでしたか?
冬のコーディネートの主役になる「コート」は、
軽くて暖かかったり、伝統や素材にこだわっているものなど
多種多様でした↑ 
いつもと違う雰囲気にしたいときや、
さっと羽織るだけでかっこよくなるコート。
是非、小倉店でお気に入りの一枚を見つけてください!

 

※掲載されている内容は公開時点のものです。商品内容・価格等に変更がある場合がございます。

※掲載の販売価格は、消費税8%に基づく価格です。

※掲載商品は数に限りがある場合がございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。

Category

Floor

Search

Calendar

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Monthly Archive

Recent Entries