トップページ > 小倉店 > 小倉井筒屋ブログ > カテゴリー「フード・グルメ」の記事一覧:ページ33

小倉井筒屋ブログ Web担当者が見つけたお得な情報やイベント情報のほか、小倉店の魅力を再発見できる企画取材やレポートなどを発信します

カテゴリー「フード・グルメ」の記事一覧:ページ33

東北新幹線や九州新幹線が開通し、日本全国、いろんなところが近くなった気がします[新幹線]
JR九州のTVCMコピーでも「新しいところへ行こう」と言っていますし、
見知らぬ土地、行きたかった場所へ、おでかけしたい春ですね[桜]

新しい場所もいいのですが、井筒屋では只今「有名駅弁と全国うまいもの大会」を実施中です!!
この人気の催事をくまなく歩き回り、今回もおいしい画像をたくさん撮ってきました。
気になるものがありましたら、全国のうまいものが集まった井筒屋小倉店に、是非お出かけください。

DSCN7626

続きを読む

三寒四温の季節ですが、春はもう、すぐそこ[芽]
みんなの笑顔が力になって、つながっていくといいですね◇

まずは…
東北地方太平洋沖地震の被災地の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
現在、井筒屋小倉店でも義援金箱を本館1階正面玄関案内所と新館1階中央案内所の2ヵ所に設置いたしております。
ご協力ありがとうございます。
PHOTO1続きを読む

DSCN7437

やわらかな春の日差しに誘われ、思いっきり春のファッションを楽しむ季節になりましたね[桜]
正面玄関の華やかなディスプレイも、おしゃれ心をくすぐります(*_*)
今週も取材スタッフが「思わず激写しちゃった[カメラ]」とっておき情報を
たくさんご紹介します[OK]

続きを読む

DSCN7407
のどかに草木が生い茂り始める3月。小倉店にも新しいショップが続々とオープンし
新しい風を吹かせています[桜]
そんな新店の雰囲気と共に、取材スタッフが店内をぐるりと巡って見つけた
とっておき情報をご紹介します♪♪

続きを読む

ポイントアップ↑に加え、全館「期末決算ファイナルセール」とあって、開店と同時にたくさんのお客様にお越しいただきました!!続きを読む

DSCN7303

バレンタインも終わり、ひとまず店内も通常モード。
とはいえ、店内には「おっ!?」と目を引くアイテムがスタンバイ。
『もうすぐ、ひな祭りだな[桜]』と思わせてくれる商品もたくさん撮影してきました[カメラ]

続きを読む

DSCN7154
カメラ片手に館内を歩きまわる取材スタッフは、まず地下からレポート開始[走る人]
ひと足先に始まっていた、1階正面玄関前のチョコレート販売に加え、
2月2日(水)からついに8階催場の「ショコラスペシャリテ」も始まり、館内はバレンタイン一色。
ギフトにピッタリな物、そうでないものもひっくるめて、いろいろ探してきました↑

続きを読む

今回は、本館1階正面玄関入口の特設会場で展開中の「ショコラスペシャリテ」コーナーから![走る人]
本館8階催場では2月2日(水)よりスタートです!! お楽しみに♥♥ ※14日(月)まで

【本館1階】

★今年もスイートなバレンタイン♥
PHOTO1

1階の特設会場も2月14日(月)まで

PHOTO2
海外ブランド人気No.1「ゴディバ」(ベルギー)続きを読む

【8階】

★第21回「鹿児島の物産と観光展」1月19日(水)~25日(火)まで
今回は長寿と癒しの島・奄美群島の個性豊かな特産品、グルメも参加して
賑やかな催しとなっています!!

DSCN6845
ついに始まりました!入口では知覧茶の手もみ実演がお出迎え

DSCN6846
人だかりを発見。煎茶山盛り詰め放題(1,050円)でした。お茶はやっぱり人気です('_-)

続きを読む

新聞に折り込まれていたこのチラシを持って、いそいそとやって来ましたよ↑
(インフォメーションにも置いてあります)
PHOTO1
小倉井筒屋全館 冬のクリアランスセール(^o^) 再値下げ宣言!! 1月18日(火)まで



【本館8階】


★催場では
PHOTO2
「<有名ブランド>バーゲン <東京スタイル>セール」
「アクセサリーセール」「世界の服地大バザール」「冬物一掃底値市」
お買い得品てんこもり 1月13日(木)まで ※最終日は17:00閉場

1月15日(土)・16日(日)の催事は、なんとあの!!!!
PHOTO3
毎年大人気の「食品ギフト解体セール」ですっ(^_^)
PHOTO4
[!]開店時は混雑が予想されますので、↑こちらの本館1階レストラン街直通エレベーター口よりお並び下さいm(_ _)m

続きを読む

【8階】

★様々な催事が合同で!!
DSCN6749
「オーダーメイドウィッグ」「アクセサリーセール」「世界の服地 大バザール」「冬物一掃 底値市」と
4つの催事が開催中です♪♪

DSCN6763
「冬物一掃底値市」には、朝から大勢のお客様が(^o^) ありがとうございます↑

DSCN6762
「世界の服地大バザール」」は、幅広い年代の洋裁ファンに人気です[OK]

DSCN6764

アデランスの「オーダーメイド・ウィッグ」。TVのCMでもお馴染みですね[TV]

続きを読む

【本館8階】

★催場
PHOTO1
お歳暮大ギフトセンター好評開催中↑ 12月26日(日)まで。



【本館6階】


★6階名物!?
PHOTO2
フロアのあちらこちら人だかり[目] こちらは大人気・タジン鍋の実演販売[OK]

★キャトルセゾンでは
PHOTO3
ステキな2つのフェアを開催中♪
PHOTO4
「マルシェ・ド・リーブル(古本市)」 12月10日(金)まで
PHOTO5
クリスマスの絵本洋書など、珍しい本や貴重な本も('_-)
PHOTO6
取材スタッフYが激しく反応した、1960年代の「暮しの手帖」。
年月が経っても色あせない、このセンスはすばらしいですね(^o^)
PHOTO6-2
ページをめくってみると、古き良き「活版印刷」の味わいにほっこり♥
PHOTO7
Yumiko Kawataアクセサリー展」 12月15日(水)まで
河田さんが大切にする、ノスタルジックな世界が広がります(*^-^*)
ネックレス 手前)10,290円、上2つ)各7,350円。
PHOTO8
ケースの中のネックレス(手前)12,600円、ピアス8,925円。
奥のピアス8,160円、ネックレス10,290円、ロングネックレス11,550円。
PHOTO9
左)9,450円、中央・右)各7,875円

手作り職人展 第6弾 12月7日(火)まで
PHOTO10
薫香づくり(福岡県・天年堂)。アラビア半島に自生する乳香樹の皮に傷をつけて、垂れてきた樹液を乾燥させた「乳香」。日本にも古くからある香りです[クローバー]
PHOTO11
柑橘系の上品で優雅な香り。乳香「没役」1,050円。

PHOTO12
お香の炊き方や特徴など、職人さんがていねいに教えてくれます。
PHOTO13
甲州印伝(山梨県・印伝屋上原勇七)。丈夫で軽い、上質な鹿の革に漆で柄をほどこした、熟練の技が光る伝統工芸です。1つ1つぜんぶ柄が違うんですよ~! 指輪入れ・小銭入れ1,365円。
PHOTO14
ちいちゃくって かわい~いキーホルダー♥♥ちゃんと開いて、入れられるようになっているのがすごいっ(^o^)中世に「勝虫」とも呼ばれていたトンボは、印伝の代表的な柄の1つだそうです[ひらめき]
PHOTO15
他にも、鏡やキーケース、印鑑入れや財布などの小物からバッグまで、たくさんあります♪♪
PHOTO16
桐たんす(福島県・会津松本)。会津盆地の風土から授かった極上の素材から生み出される、最高品質の桐たんすです◇



【本館地階】


★できたてホックホク[アツアツ]
PHOTO17
肥後俵屋のいきなりだご。出店時はいつも人気です♥
101201_1446
この分厚~いさつまいもがたまらないんですよねー(^+^)

★まだまだご予約承り中です
PHOTO18
井筒屋が厳選した、銘店のおせち完売したものもありますので、お急ぎ下さい!

★ゴディバのクリスマス[クリスマス]
PHOTO19
ステキなパッケージに、思わずパチリ[カメラ](*_*)

★今年のテーマは“バラエティークリスマス”[ケーキ]
PHOTO20
井筒屋がおすすめするクリスマスケーキ36種類が勢ぞろい!ご予約はお早めに(^_^)

「いいもの」発見!店内PHOTOレポート 11.24

11月24日(水)に店内で発見した、面白いもの・ステキなもの・おいしいものをご紹介します。

【8階】

★催事場では「半期に一度 男の納得大市」開催中[富士山]
催事場外観

場内にはスーツや靴、カジュアルな洋服、財布やベルトなどの小物類、スポーツ用品など
様々なアイテムが嬉しい価格で並んでいました♥
納得大市

スーツ2着
↑なんとスーツが2着で27,000円という驚きの価格!これは見逃せません~◇

小物

靴

シューズ
↑ご婦人用のスニーカーもありましたよ[くつ]

ゴルフグローブ
↑ゴルフグローブは驚きの525円!

水着
↑ジムのプールで泳いでる方も多いですよね。スイミング用水着も格安です[波]


【7階】

★キュートな2色ペンを「レインボーパーク」で発見(^_^)

2色ペン
↑仏像の後ろにはお地蔵様も。福mimiペン&キャラクターもののmimiペン 各525円
miniペン
動物系mimiペンたちもズラリ。圧巻~↑
ミニペン
↑個人的にはこれが一番ツボでした。1本欲しい(*_*)


【6階】

 ★古布を利用したレトロなハンドメイド作品

九州各地で小ぎれあそび教室を主宰する「小島きよ子」さんの婦人服、タペストリー、バッグなど
がズラリと並ぶ「きよ子の小ぎれ遊び展」。
のれん
きよ子さんのデザインをもとに、25名の縫製スタッフによる手作りのアイテム。
きよ子のバッグ
小売りしていないそうなので、この貴重な機会をお見逃しなく!!
10月12日(火)まで実施中。

 ★山梨県・甲州水晶フェア

 水晶
↑大正13年から続く伝統の技!天然石の美しさがまぶしいですね[指輪]

★あの人気商品が、こんな新しい姿に♪

タジン鍋
↑野菜から出る水分などで調理できるのが魅力のタジン鍋。
ハリオから、フタがガラスのタジン鍋(5,250円)が登場[電球]

★名入れのお椀&お箸

お椀
↑手作業で名前をいれてくれる「名入れ椀」。小2,940円~(価格は文字数によって異なります)。
オリジナルギフトにぴったりですね[プレゼント]
名入れ箸
↑こちらは名入れ箸2,310円。サイズは大・小、色は黒と朱色の2色から選べます。
ちなみに「はみちゃん」って、「はるみちゃん」のニックネームでしょうか?

続きを読む

紫川や街並みを眺めながら料理が楽しめる台湾料理「欣葉」(しんいえ)
6月16日から平日のランチが新しくなったと聞き、
美味しいものに目がない、取材スタッフ精鋭2名で食べに行きました[レストラン]
欣葉 外観
気合い十分^^.^^。オープンの5分前に到着です

天井も高く、開放的な雰囲気の店内は異国情緒たっぷり。
窓側の席に座れば、景色も抜群です。
欣葉 店内

窓からの景色

新しい平日ランチは、4種類ありました。
坦々麺(500円)、汁ビーフン(500円)、皿うどん(600円)、冷麺(700円)。
上記単品メニューに、150円プラスすれば
炒飯と杏仁豆腐、または角煮ご飯と杏仁豆腐、いずれかのセットをつけることができます。
(杏仁豆腐はソフトドリンクに変更可)

今回は人気ナンバー1という「坦々麺」とナンバー2である「冷麺」に
それぞれ炒飯と角煮ご飯のセットをプラスしてオーダーしました。

まず出てきたのは、坦々麺[担々麺]
坦々麺
思った以上に量が多く、ひき肉もたっぷりです。

坦々麺
胡麻の風味と辛さが後引く美味しさ!ちぢれ麺なのでお汁がよく絡みます。

炒飯&杏仁豆腐
セットの炒飯&杏仁豆腐

お次は冷麺(8月までの限定メニューです)
冷麺
チャーシューが肉厚で驚きました

冷麺
こちらもちぢれ麺がいい仕事してます。すっきりとした味わいは食欲が落ち込む夏場にぴったりです♪

角煮ご飯&杏仁豆腐
セットの角煮ご飯&杏仁豆腐。角煮ご飯を混ぜると、角煮の甘辛い風味がご飯全体にいきわたり、旨さ倍増です

食後のデザートにとっておいた杏仁豆腐…一口食べて、その美味しさにやられました(^o^)
まったりとした舌触りに、甘すぎない味が絶妙!
杏仁豆腐
一度是非食べてほしい、杏仁豆腐

食欲やお財布と相談しながら、自分の好みで選択できる
「欣葉」の平日ランチは11:30~14:30まで。
“次は違うメニューを食べたい!”と再訪を誓った取材スタッフでした。

お問い合わせ
■紫江’s 2階 欣葉〈シンイエ〉
TEL 093-522-3720

main01「カチャン、カチャン、カチャン・・・」。
お行儀よく回転しながら、次から次へと焼きあがっていくお饅頭。いい香りに包まれて、いつまでも眺めていたくなりませんか。

この『いづつや饅頭』、つくり続けて今年でなんと56年目。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんにもずっと愛されてきた地元の味なのです。

出来たての甘い香りに誘われるように、次々とお客さんがやってきて、10個、20個とお土産に買って行かれます。

「1個から販売していますから、高齢の方は自分用に2・3個買われる人も多いですよ。」とスタッフの中山さん。
休日には製造が追いつかず、並んで待っていただくことも。
「お饅頭ができる様がガラス越しに見えるので、子どもたちは興味津々。夕方には、ガラスにたくさん小さな手形がついてるんですよ。」

ここに来れば懐かしい味と風景が変わらずにある。そんな安心感がうれしいですね。

常に良い状態で製造できるよう、毎日しっかりと手入れされる自動製菓機

main02懐かしさにたまらず、久しぶりにいただいてみました。
ふっくらと軽い口当たりに、白餡のほんのりとした甘さ。生地と餡が溶けるようにして、やさしい味が口の中に広がります。
昔ながらの味もさることながら、価格も1個27円と、ここ数十年据え置きとか。
平均で1日4,000個が売れるとのこと。人気のほどがよく分かります。
お土産用に便利な箱も、豊富なサイズをご用意。

main03焼き具合を見極めながら作業するスタッフの藤永さん。日によって生地の膨らみ具合が違うなど、変わらぬ味を守るのも一苦労。

main04「大急ぎで詰めていた時に、お饅頭が転げていってしまって!」とエピソードを話してくれた嶋田さん。笑顔がとってもチャーミングです。

暑い夏場より、これから涼しくなる季節には特に喜ばれます。その日その日の焼きたてにこだわっているので、配送などはしていません。

ぜひ、売り場に足を運び、香りや音、風景と一緒にこの味を楽しんでみてください。

お問い合わせ
■本館地階 いづつや饅頭
TEL 093-522-2024

Category

Floor

Search

Calendar

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

Monthly Archive

Recent Entries