トップページ > 小倉店 > 小倉井筒屋ブログ > 小倉井筒屋ブログ > カテゴリー「サステナブルライフ」の記事一覧

小倉井筒屋ブログ Web担当者が見つけたお得な情報やイベント情報のほか、小倉店の魅力を再発見できる企画取材やレポートなどを発信します

カテゴリー「サステナブルライフ」の記事一覧

 2022年 水無月  拙宅

キャンドルの灯りでリラックスしませんか?

6月21日(火)〜  7月7日(木)は「夏至」です。
北半球では1年のうち昼の時間が最も長くなる日として有名ですね。
本格的に夏に向かっていくので、クーラーなどの稼働率が上がり、電気使用量も増える頃。
近年では、できるだけ電気をつかわないよう「キャンドルナイト」を推奨する動きも盛んです。

続きを読む

2022年
福岡県みやこ町

私が1年で一番好きな時期「小満」。

5月21日(土)〜6月5日(日)は「小満」です。
小満とは「草木が成長して天地に満ち始める頃」という意味。
麦の収穫や田植えの準備が始まったりします。

私は一年間で「小満」が一番好きな季節です。
山の緑のグラデーションも美しく、夕暮れからジャケットを着てオシャレを楽しめるのも、この時期です。

続きを読む

2022年 春
福岡県みやこ町
たけのこ

田畑を潤し穀物を成長させる時期

新年度が始まりました。
季節の指標である二十四節気は、6番目の「穀雨(こくう)」となります(4月20日〜5月4日)。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが「春の柔らかな雨に農作物が潤う」という意味で、
種まきや田植えのシーズンを迎えるため、農家には大切な時期です。

続きを読む

2022年 春
福岡県みやこ町
平成筑豊鉄道沿線

暑さ寒さも彼岸まで。

3月21日は春分です。
お彼岸の中日でもありますね。
春分以降は「暑さも寒さも彼岸まで」という言葉があるように、寒さも和らぎ、暖かな日が多くなります。
また、太陽が真東から登り真西に沈んでいく日で、「昼間の時間と夜の時間が全く同じ時間」なる日です。

続きを読む

2022年 冬
福岡県みやこ町
ふきのとうの芽吹き

春に向かって季節が動き出す「雨水」

二十四節気の「雨水」(うすい)とは、「降る雪が雨に変わり、雪解けが始まる時期」のこと。
2022年は2月19日(土)からです。
少しずつ、春に向かって季節が動きだす最初の一歩…という感じで嬉しくなります。

続きを読む

2021年 冬
福岡県みやこ町

冬の厳しい寒さがピークとなる「大寒」

「大寒」とは二十四節気の24番目の最終節で、「最も寒さが厳しい時期」。
今年は1月20日(木)です。

まさしく冬の最後の山場ですが、
寒さの中にも少しずつ春の気配を感じられるのが、個人的には好きです。

続きを読む

2021年 冬 福岡県みやこ町
畑のユズ

柚子湯で心身を温め、冬を乗り切りましょう。

二十四節気の中でも、耳にする機会の多い「冬至」(とうじ)。
2021年は12月22日(水)〜2022年1月4日(火)まで。

続きを読む

     

2021年 初冬
福岡県みやこ町

本格的な冬に備え、そろそろ準備を始めます

11月22日(月) ~ 12月7日(火)までは二十四節気の20番目にあたる「小雪(しょうせつ)」。
ぐっと冷え込むようになって、地域によっては雨が雪になるころです。 

続きを読む


2021年秋 福岡県みやこ町


暦の上では、秋も最後。近づく冬の足音を感じます。

10月23日(土)~11月7日(木)までは二十四節気の18番目にあたる「霜降」。
秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃です。
続きを読む


もち米の稲田
2021年秋 福岡県みやこ町

昼と夜の長さがほぼ同じになる「秋分」

9月23日(木・祝)~ 10月7日(木)は二十四節気の16番目にあたる「秋分」。
「秋を分ける」という漢字が表すように、暦の上では秋の中間です。
続きを読む

暑さが収まる頃を「処暑」と言います

今年の8月23日(月)~ 9月6日(月)は二十四節気の14番目にあたる「処暑」。
「暑さが峠を越える」という意味で、朝晩はひんやりする頃です。

古代中国で誕生した「二十四節気」が日本に伝わったのは飛鳥時代。
美しい言葉の一つひとつに、各時期の天候や動植物の様子を当てはめ、古の人々は四季の移ろいを感じ、気候に寄り添った暮らしを営んでいたのでしょう。
続きを読む

サステナブルライフ ブログ始めます。

最近、さまざまなメディアで頻繁に取り上げられている「サステナブル(Sustainable)」という言葉。
この言葉には「持続可能な」という意味があります。世界規模の共通目標になっている「サステナブルな社会」とは、地球の環境が適切に保全され、未来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会のことです。

身近なところでは2020年7月から実施されたレジ袋の有料化や、大手カフェチェーンでストローの素材がプラスチックから紙に変わったことも、その一例です。

そこで、今後ますます注目される「サステナブル」をテーマにし、井筒屋グループの取り組みや百貨店という立場から「サステナブル」な暮らしを応援する新ブログ「サステナブルライフ」を始めることになりました。
第一回目の今回は、ブログ担当者のプロフィールや人柄についてご紹介したいと思います。続きを読む

Category

Floor

Search

Calendar

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Monthly Archive

Recent Entries